toggle
2020-05-25

経皮毒について

こんにちは!スタイリストの田邊です。

今回は経皮毒についてお話させて頂きます!

化学物質、薬品は皮膚から吸収されるのですが、身体に大きな影響を与えます

例えば湿布は患部に貼ることで薬が皮膚から吸収され、血液から患部に届き痛みや炎症を抑えます

そして身体の部位によって経皮吸収率が変わるのですが
腕の内側を【1】とした場合
頭皮は【3.5倍】 頬【13倍】 額【6倍】
です。

ヘアカラーでかぶれる時に頭皮でなく額が赤くなったりするのは吸収率の差にあります。

もヘアカラーでアレルギー反応が出る理由ももうお分かりですよね。

頭皮から吸収された化学物質はホルモン系の内臓へ、約40分後に到達します。
女性でいうと、子宮や卵巣ですね。
アトピー性皮膚炎やアレルギーをもったお子さんが増えて来た理由も経皮毒が原因とされています。

このようなことを聞くと皮膚につけるものはしっかりと選んでいきたいですよね!
当店にはオーガニックのスタイリング剤もあるのでぜひお声がけくださいませ♪

経皮毒について_20200524_1